経営陣略歴

マーク テニソン 代表取締役社長

2007年にアムジェン・オーストラリアに入社し、コーポレート・アフェアーズ・ディレクターとして同部門の新規立ち上げと、同社の薬価、保険償還、政策、コミュニケーション及びアドボカシーの領域で多岐にわたる知識とベストプラクティスを構築。2010年にはエグゼクティブ・メディカル・ディレクターに着任し、以後6年間同部門を指揮した。2016年4月、アムジェン社 日本アジア太平洋地域のメディカル部門長に暫定就任。2016年12月1日にアステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社 代表取締役社長に就任。

アムジェン入社以前は、メルク社にてメディカル部門、営業・マーケティング部門、コーポレート・アフェアーズ部門のリーダーを務めた。
Middlesex Hospital Medical School卒。医師、医学博士(M.D., Ph.D.)


リムクス クルト 研究開発本部長

1985年にドイツ、ザールランド大学医学部を卒業し、医学博士号取得。泌尿器科 教室に入室。同年に来日し、兵庫医科大学泌尿器科入局。
1991年に製薬会社のベーリンガーマンハイム東宝株式会社に入社し、マーケティング、臨床開発、学術を担当。
2005年~2012年にMedical DirectorとしてMSD 株式会社(旧日本オルガノン株式 会社、旧シェーリング・プラウ株式会社)に務めた後、シャイアー株式会社に入社。
2016年4月にアステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社に入社。


鈴木 幸也 営業・マーケティング本部長

1988年に山之内製薬株式会社(現・アステラス製薬株式会社)に入社。アステラス製薬にて営業本部プロダクトマーケティング部泌尿器領域グループのエグゼクティブ・ディレクター、戦略グループのエグゼクティブ・ディレクター等、多数の要職を歴任。2013年10月にアステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社に入社。 明治薬科大学大学院 薬学研究科修士号取得(微生物学)。日本大学大学院 グローバルビジネス研究科修士号取得(経営学系)。