社長メッセージ

アステラス・アムジェン・バイオファーマは「ブレークスルー・サイエンスに基づく医薬品を日本の患者さんに提供し、健康な社会の実現にあらたな貢献を果たす」というミッションを果たすべく、1980年に創業したバイオテクノロジーのパイオニアで世界最大規模の独立バイオテクノロジー企業であるアムジェン社と、東京を拠点に世界で事業を展開するアステラス製薬の合弁会社として、2013年10月に事業を開始しました。以来、病気と闘う患者さんのアンメット・メディカル・ニーズに応えるべく、革新的な治療を生み出すためにたゆまぬ努力を続けています。

我々の情熱は、2016年1月に医薬品製造販売承認を取得した第一号製品として初めて実を結びました。今後も日本の患者さんに新たな治療の選択肢を提供するために取り組んでまいります。

我々のミッションを達成するために、アステラス・アムジェン・バイオファーマはワンチームの精神で結束し、以下の実現を目指します。

  1. ブレークスルー・サイエンスへの挑戦:
    患者さんにとってもっとも価値のある医薬品を提供し、カテゴリーリーダーとなります
  2. きらめく人財を惹きつける文化の創出:
    やりがいのある仕事と成長機会を提供し、社員が誇りをもって働くことのできる文化を全員で創り出します
  3. 社会とのゆるぎないパートナーシップの確立:
    アステラスとアムジェンの強みを融合し、あらたな価値を提供します

我々は病気に立ち向かうための新たな治療を開発することに情熱を注いでいます。新たな科学のフロンティアを切り拓き、日本の患者さんと医療の発展のために尽力してまいります。

アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式会社
代表取締役社長
マーク テニソン